印鑑の使い分け

日常生活で印鑑を使う機会はけっこうあります。
大事な書類作成のとき、銀行にも必要になることも多いですし、また宅配便などにも使います。
なので印鑑は自分の証明にも使われるとても大切なものですから実印、銀行印、認印など状況の応じて使い分けるのがよいともいます。
私も実印、銀行印、認印の3種を買い揃えました。
実印は別だけど、銀行印や認印を同じものを使っている人も多いと思います。
しかし、銀行印はお金の取引に使われるものですし、防犯上やはり使い分けたよいと思います。
銀行印を認印のようにいろいろなところで使ってしまうのはちょっと怖いですし、なくしたりすると大変ですからね。
私の場合、実印は大き目のサイズで印相体で名前のみ、銀行印は横で篆書体にしました。
篆書体はお札にも使われている書体なので、お金がたまるかなっていう期待を込めて選びました。
認印は猫のイラストに苗字が入ってる印鑑を使っています。
可愛くてお気に入りです。
印鑑は自分の代わりにもなる大事ものですからこだわって選ぶのが良いと思います。